創業者の理念

老子の「上善若水(上善は水の若し)」という人生観に深く感銘を受け、それが人生における最高の境地であると考えています。水の力は無限で、あらゆるものに役立ち、決して争うことはありません。澄んだ淵のような静かな心境で真心を持って話をし、高望みせず、できることを着実に行います。「守柔不争(万物に合わせて争わない)」という精神で人々や自分を守り、「利他主義」の追求によりWin-Winの関係を構築し、持続可能な経営を実践しています。老子道徳経の知恵は「後其身而身先、外其身而身存(その身を後にして而も身は先んじ、その身を外にして而も身は存す)」という内なる心を啓発しています。自分の利益を後回しにして他人の利益を達成することが平穏な存在につながるのです。
『挿秧偈』という詩では、青々とした苗を田一面に植える際、下を向けば水の中に空が見えて心を浄化する「道」となり、後退は前進であることが表現されています。田植えは下を向く作業であるものの、心が澄んでいれば、田に映る自分、青空、白い雲をはっきりと見ることができます。」「一歩退けば、海も空もより広く見える」というように、後退の中で自分を磨き、徳を積みます。「同業者と潰し合いや競争をするのではなく、協力することを目指しています。」